« ライアンの娘 | Main | パッチギ!LOVE & PEACE »

2007.05.27

しゃべれども しゃべれども

20070524223904
「パイレーツ・オブ・カリビアン」を見に行ったところ、満席のため予定変更し、夫の一言でこの映画に決まりました。
東京の下町を舞台に国分太一が落語家を演じる派手さもアクションも当然CGもない作品。
うだつのあがらない国分くんがひょんなことから落語教室を持つことになる。・・・そこに集まった3人の個性豊かな人たち。自分の思いをなかなか伝えることができない人たち、今の自分をなんとか変えたいと願う人たちが繰り広げる人情物語。
国分くんの師匠の伊東四朗や祖母役の八千草薫・・・くすっと笑いを誘うセリフがここそこに出てくる。不器用な人たちがお互いを思い合い、一緒に成長し、そして一歩を踏み出して・・・という最後にはドラマティックなエンディングがあるわけではないけれどちょっとだけ感動の作品でした。

|

« ライアンの娘 | Main | パッチギ!LOVE & PEACE »

Comments

 パイレーツ、見て来たよ。久々のスクリーンですごい迫力だったわ。最後の最後まで見ておまけの映像までよかったよ。これでシリーズが終わるなんて残念。私の中ではまだまだ続きがあるように思えるんだけどね。

Posted by: yuki | 2007.05.27 at 11:21 PM

yukiさん、こんにちは(^O^)
観ましたか・・・みーちゃんは次週以降の鑑賞になりそうです。
きっと来週は人出も少ないはず・・・
完結より余韻を持たせるぐらいの映画がええかも~(笑)

Posted by: みーちゃん | 2007.05.28 at 07:29 AM

パイレーツ、、うちの妻&娘は、土曜日に二人で見に行ってました。予約してたんかな・・・・不明

あたしゃ、二つ見たのでたくさん(^^;

Posted by: たあ | 2007.05.28 at 07:06 PM

2本も見たの?
パイレーツと何?

Posted by: みーちゃん | 2007.05.29 at 07:54 AM

みーちゃん、こんばんは。
トラバありがとうございます。
映画の方は観ていないんですけど、
従弟のテニスコーチの話は映画では
カットされてるのかな。
国分太一くんも原作の主人公とは
ちょっとイメージが違うような気がするし。

でもレンタルで観たい映画です。

Posted by: Katze☆ | 2008.01.14 at 05:35 PM

Katze☆さん
本(原作)と映画(画像)は別物だと思っていた方がいいのでしょうね。
2時間の映画の中で何を撮るかというのも監督の好みにもよるだろうし、脚本家の手で台詞だって変わるものねぇ。
テニスコーチは全く出てきませんね(^^ゞ
原作を忘れて映画をみるといいかもしれません。

Posted by: みーちゃん | 2008.01.14 at 08:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36521/15221714

Listed below are links to weblogs that reference しゃべれども しゃべれども:

« ライアンの娘 | Main | パッチギ!LOVE & PEACE »